給料の3倍神話は本当?

婚約指輪給料の三ヶ月分説を徹底解説!

婚約指輪を購入したいと思った時には、まず予算を把握しなければならないのですが、その中でよく耳にするのは、婚約指輪は給料の三ヶ月分という説です。これは、かなり昔から言われている説であり、婚約指輪と言ったら給料の三ヶ月分というものが定着しているようです。 どうやら、これは昔の婚約指輪の名残が現代に受け継がれておりそう呼ばれているようです。昔の婚約指輪の価格は、平均にして約60万円ほどでした。当時の給料からすると少し高いのですが、一生に一度のプレゼントということもあって三ヶ月分ほどの指輪が主流だったのです。 それが、今ままでに継承されているのですが、今の婚約指輪の価格は店によってまちまちですので、何とも言えません。

神話になりつつある三ヶ月分説!

給料の三ヶ月分というのは、あくまでも目安のことを指していますが、現代の婚約指輪に関しては目安にはあまりなりません。というのも、婚約するのは大体20代と考えると、給料の三ヶ月分は大体60万円から90万円になってしまいます。その値段がする婚約指輪を今探そうとすると、非常に高級なものであり、むしろ日常生活では到底つけることができないような派手なデザインのものが多いです。 今では、30万円ほどでも良い婚約指輪を購入することができる時代ですから、給料の三ヶ月分というのは最早神話になってしまいそうな勢いです。しかし、これからも継承されていきますし、確かにいい目安になるかもしれないので、参考にしてみるのも良いかもしれません。